img-1

税効果会計の基本的事項について

税効果会計について基本的な事項を記述していきます。
財務と会計での一時際のみを調整するのが、税効果会計になりますが、具体的には会計上の利益と法人税の所得計算の食い違い、つまり申告調整項目の中で、翌期以降に、その食い違いが解消される調整項目に対応する法人税等の額を、機関の中で適切に配分することで、この食い違いを対応させようとすることになります。


この際については、将来どこかで解消される差異と、将来にわたっても解消されないものが存在します。税効果会計はこのうち将来のどこかで解消される差異のみを対象とするのです。具体的な解消される差異として、まず真っ先に浮かぶのが、法人税法上での償却限度額を超えて計上した減価償却費が該当します。
これは減価償却期間にわたって処理する分のうち、翌期以降の費用を前倒しして、支払っているだけになるからです。また欠損金の繰越控除についても、上記の減価償却と同じく、将来の税金納付を減少させる効果があるので、これに含めることができます。
さて具体的に貸借対照表と損益計算書に対してどのように処理するかということになります。
まず最初に貸借対照表については、借入金のように、解消されるまでの期間が1年以内であれば、流動区分に、1年以上になる場合には固定区分に記述することになります。


損益計算書については、法人税等調整額という科目を使って、当期の法人税等とは別に表記しておく必要があります。


ここでは簡単に税効果会計について、記述しましたが、たとえば欠損金の計算にはルールがありますし、また課税に関する件についても、適用させるかどうかによって、計算方法も異なってきますし、当然結果も変わってきますので、具体的な処理については、公認会計士などからのアドバイスを受けながら、実施するべき項目になります。


まとめますと、税効果会計は、税務と会計での一時的な差異だけを調整することになる処理の方法ということになります。一般には、会計といえば、モノを買ったりサービスの提供を受けたような場合に、購入代金を支払う、という時に使う用語です。

しかし、会計学における会計とは、単に代金の支払いだけではなく、およそお金に換算できるもので、企業の資産、負債、収益、費用に関係するものであれば、すべて含み入れることになります。


本来、会計とは、企業をベースとした広い概念なのです。さて、そのような会計の基礎は、複式簿記という帳簿記載方法を通して、正確かつ効率よく記帳されます。


簿記会計は、企業会計の基本であり、経営戦略にまでかかわるとても大切なものです。簿記会計は仕訳という作業からはじまります。


仕訳は、企業のステークホルダーに対する報告書という意味合いをもつ財務諸表を作る前提として必要となるものです。

一つ一つの取引などを、取引ごとに記載することで、財務諸表の作成を、より簡便により効率よくさせる効用があります。
左側を借方、右側を貸方と呼んでいます。

非常に単純な構造をしていますが、その単純な構造にこそ、仕訳というものがヨーロッパの中世商業都市から今日に至るまでおよそ世界中で変わらない形で使われ続けてきた理由が存在しています。

さて、そのような仕訳の姿ですが、簿記会計を初めて学ぶ人にとって気になるのは、借方と貸方の用語にあります。
たとえば、会社備品を現金2000円で購入した場合には、借方に備品2000円、貸方に現金2000円と記載することになります。

しかし、なぜ購入した備品が、借方なのでしょうか。また、支払った現金がなぜ貸方に記載されることになるのでしょうか。
これは、中世商業都市の資本家と経営者との関係に由来しています。

当時のヨーロッパにおいては、お金をもつ資本家と、事業を行う経営者が分かれていたのです。


資本家からお金を借りて、事業者はそのお金で備品などの資産となるものを購入したのです。


そこから、借りたお金で購入することになる備品は借方に記載することになるのです。

他方、貸したお金は負債として残るので現金は貸方に記載することになるのです。



相続放棄のための相談情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

神戸の相続が広く知れ渡ってきました。





https://matome.naver.jp/topic/1MAvb

https://oshiete.goo.ne.jp/articles/qa/2426/



関連リンク

img-2

公認会計士は会計業務のスペシャリストです

公認会計士は、会計業務のスペシャリストです。色々な会計業務の中でも、監査業務がメインの仕事になっています。...

more
img-3

一般の企業とは違うNPO法人の会計について

企業とは違い、営利目的ではないNPO法人は、いくつか会計の処理でも違いがみられます。営利目的ではないといことは、そのNPO法人の活動を行うための資金の調達状況とその使用方法、そしてその流れに注目が集まります。...

more