img-1

これからの会計士は企業に勤めよう

会計士とは公認会計士のことであり、日本の国家試験で司法試験について2番目に難しいとされる難関試験に合格してなれる士業のことである。

多くの会計士は監査法人といわれる会計事務所に勤務し、上場若しくは大会社といわれる企業の財務監査をおこなうことを主な仕事としているのです。

大阪の遺言のお得情報を公開します。

しかしながら2003年以降政府の国家資格の規制緩和の流れを受け会計士の合格者を10年前の3倍近くまで増やしてしまった結果、試験に合格しても監査法人に就職できずにいるひとが多発しているのが最近の現象です。
会計士は英語で略すとCPAと言われCPA資格をもった企業の財務担当者が少ないので政府は合格者数を増やし一般企業に就職して財務担当の社員として勤務してもらえることを期待したのだが、実際は一般企業に就職する例は殆どなく就職浪人だけを多く生んでいるという皮肉じみた状況になっているのです。



これからCPA資格を取得して以降と考えている人は監査法人に就職することを考えずに一般企業の財務担当者として就職することを強くお勧めします。

快適な暮らしを実現するための横浜の弁護士にアクセスしてください。

監査法人に勤めるより年収は半分以下になりますが、新興企業などでは絶対的に財務担当者が不足しているので財務担当役員を目指せるような企業で活躍してみることをお勧めします。

遺言の弁護士の情報を今すぐ確認できます。

うまく企業が成長していけば東証1部上場の財務担当役員として世に名を馳せることができるのでCPA試験に合格したら新興企業に就職することをお勧めします。

話題の最新相続放棄のサイトが登場しました。

会計士を雇いたい場合は、そういったことに関する事務所があるので、そちらから依頼して雇うことができます。
それぞれ得意分野であったり、提供しているサービスに関しては事務所によって異なることがあります。

http://okwave.jp/qa/q7031589.html

会計士の情報をホームページで公開しているところもあるので、インターネット経由で情報を集めることは可能ではあります。


業務内容は会計事務の大半、税務、経営、監査、会社の設立など、いろいろあります。


補助的な役割を担う場合も多いですし、この他の業務を受け付けているところはあります。
ホームページのある事務所が多いため、地域を指定して事務所を探すといったことも可能です。

近所の方が利用しやすい場合は、会社の近くにある事務所を探すと良いでしょう。


会計士自体の数は、今のところは非常に多いです。ただし会計士の合格者は減っている傾向にあるので、今後は減る可能性が高いと言われています。

http://smany.jp/tag/71

減るということは、会計士の価値自体は上がると捉えても支障はありません。



なぜなら、会計士を必要としている会社はとても多いからです。ちなみに、事務所のホームページによっては求人募集を行なっているところもあります。

仕事を探したい場合は、インターネット経由で探すのも良いでしょう。

求人系の情報サイトでも、募集している事務所はあるので、そういった経路で探すことも可能です。

総じてパソコンやスマートフォンなどがあると、様々な情報を得やすいといえます。

関連リンク

img-2

債券の特殊な会計処理

債券は、保有することで得られる利息の獲得を目的に購入されます。そのため、決算時に時価で再評価される売買目的の株式とは違い、債券は会計上において取得時の金額でそのまま計上され、投資家などの利害関係者に開示されることになります。...

more
img-3

企業及び行政機関の会計監査について

企業や行政機関などが、毎年行う決算に対して、独立性を有する組織がその監査と承認を行うことを、会計監査といいます。これは、経営者や首長などが自社の業務や会計などの報告を、株主や住人に報告しますが、その内容が虚偽のものであったりすると、株主や住人は、それを行った経営者や首長などを信頼できなくなります。...

more