img-1

公認会計士の仕事と資格所得

数ある職業の中で、公認会計士という監査および会計の専門家がいます。

その仕事は、会社等の財務書類、その他の財務に関係する情報を調査して、会社が公正な事業活動をしていることを証明し信頼性を確保します。
その証明を投資者及び債権者に情報を開示することで、これからの投資活動の一つの指標となります。

会社の業績が良ければ投資が活発化し、業績不審なら投資を控えることになります。公認会計士に求められているのは、会社の経済状況が正確な情報であるか、偽造はないか、安心して信じられる情報の開示です。


こういった経済の健全な発展を支える公認会計士の仕事は、投資家及び債権者にとって心強い味方であると考えられます。

横浜の法律相談の情報をまとめました。

また、公認会計士は国家資格に定められており、そのことから資格の所得には多大な勉強時間が必要となることが考えられます。

受験資格には制限が無く誰でも受けられます。

横浜の弁護士情報選びをお手伝いするサイトです。

試験は短答式と論文式の2つに合格する必要があり、どちらか合格すると、その後二年は合格した試験を免除でき、二年以内にもう片方を合格すれば一先ず終わりです。


この後、公認会計士の業務補助経験が二年以上であれば、次の終了考査を受け、二年満たない者は業務補助を経験します。


終了考査では実務補習を受けて必要単位を所得した後、終了試験に合格すると公認会計士になれます。



長い道のりですが、高校生、大学生という若い時から簿記の勉強を学び、卒業後は勉強と業務補助を両立させて、30代までには公認会計士になれれば早い方です。



公認会計士は医師・弁護士と並んで自由業の3大資格とされています。

医師が医療のプロフェッショナル、弁護士が法律のプロフェッショナルであるように、公認会計士は会計のプロフェッショナルです。仕事の内容は多岐におよんでいますが、大きく分けると監査・会計・コンサルティング・税務業務が公認会計士の主な業務です。この中で、監査業務は公認会計士が独占して行える業務です。



監査では、会社等が作成した損益計算書や貸借対照表などのいわゆる財務諸表の類を第三者の立場で適正であるかどうかを意見を述べるのが仕事です。

http://www.47news.jp/smp/topics/entertainment/oricon/economy_trend/214451.html

この監査の仕事は社会的に大変重要な位置づけにあります。
監査業務は公認会計士の独占業務ですが、企業の大規模化などの背景もあって個人としての公認会計士が単独で監査業務を行うケースは年々少なくなっており、監査法人の一員として監査業務を行うケースがほとんどです。
会計業務では、財務諸表の作成に関するアドバイスや経理一般の業務を行います。


コンサルティング業務はバラエティに富んでいて、経営コンサルティングや公開株式コンサルティング、またシステムコンサルティングなどがあります。
税務業務は税金に関する書類の作成や税務申告の相談業務などが主な仕事です。

http://girlschannel.net/topics/526773/

税務業務は元々は税理士の業務ですが、公認会計士の資格を持つ人は税理士となる資格も有するので税理士として登録を済ませれば税理士固有の業務を行うこともできるのです。



税務業務では、法人だけでなく個人のクライアントにも対応します。

関連リンク

img-2

会計公準とは何かを知る

企業で経理をしている方でも会計公準という言葉はあまり聞き慣れないかと思いますが、これは企業会計が行われるための基礎となる前提のことです。ただ、これだけでは意味が分かりにくいと思うので、その内容を見ていくことで理解を深めてもらいたいと思います。...

more
img-3

企業及び行政機関の会計監査について

企業や行政機関などが、毎年行う決算に対して、独立性を有する組織がその監査と承認を行うことを、会計監査といいます。これは、経営者や首長などが自社の業務や会計などの報告を、株主や住人に報告しますが、その内容が虚偽のものであったりすると、株主や住人は、それを行った経営者や首長などを信頼できなくなります。...

more