img-1

基本的な会計用語と勘定科目の説明

ビジネスマンとして活躍するためには決算書などの財務諸表に強くなることが不可欠です。


したがって、特に財務部や経理部に所属していなくても会計を勉強しておくことはその後のビジネスにおいて必ず役に立つはずです。

そこで、本記事では会計の基本的な概念や用語、勘定科目についてご説明させていただきたいと思います。


まず、会計を学ぶ上で不可欠となるのが貸借対照表と損益計算書の理解です。
簡単に説明いたしますと貸借対照表とは会社の財政状態を表す書類であり、損益計算書とは会社の経営成績を表す書類です。
そして、貸借対照表は資産の部、負債の部、純資産の部という三つの部分で構成されています。

資産とは会社の預金や株式といった流動資産、車両や土地といった固定資産の二つに大きくは分類できます。


他にも特許権やのれんなどの資産がありますが、これらは無固形資産と呼ばれています。


そして、負債とは会社の借入金や買掛金、未払金といったものが含まれます。
資産から負債を差し引いた金額が純資産となり、資産と負債、純資産の合計額は必ず一致するので、貸借対照表はバランスシートと呼ばれています。次に、損益計算書ですがこれは会社が当期にどれだけ儲けたかをあらわす書類です。


会計上は、売上高から販売費や人件費を差し引いた数字を営業利益といいます。そして、営業利益から利息収入や支払利息など経常的な利益や費用を加算、減算したものを経常利益といいます。
さらに、そこから、固定資産売却益や損害賠償費用といった非経常的な特別利益、特別損失を加算、減算した数字が純利益となります。会計上、利益がでると企業は法人税を支払わなければならなくなるので、減価償却費を計上したり、決算期の前に大きな資産を購入することによって純利益を意図的に減らしている企業もありますので、会計書類を参照するときは営業利益にまず着目してみれば、その会社が本業でどれだけ利益を出しているかを確認することができます。
会計とは、企業の経済活動をひとつも漏らさずに会計帳簿というところに記入していき、株主などの利害関係者に、経営の成績や財政状態などを財務諸表を通じて報告することを言います。この経営成績とは、利益そのものの大きさや、利益の元となるものの事を言います。


もうひとつの財政状態とは、資金をどのように集め、どのようなことに使っているのかを言います。


こういった会計の目的は、株主などの、利害関係者がさまざまな意思決定をする際に非常に重要な情報として会計の情報を提供することです。なので、財務諸表が合計基準にのっとって作成された正確な真実の情報が必要になってきます。


なので、記入漏れ、計算の間違いなどは許されません。

さらに、情報を受け取る利害関係者がわかりやすい方法でタイムリーに提供される必要があります。


財務諸表とは、決算書とも呼ばれます。

損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書、株主資本変動等計算書、などにより構成されている、企業の財務内容に関する報告書です。

利害関係者に対して企業のさまざまな情報を報告するために作成されます。


貸借対照表についても説明しておきます。


貸借対照表とは、決算日現在に企業が保有している資産や、負担している負債、そしてその差額としての純資産を一覧表示した報告書のことを言います。

こういった会計をする会計実務は、企業にとってなくてはならない非常に重要な業務のひとつです。会計学についてしっかりと勉強をしておけば、転職活動や就職活動でも非常に有利になります。

また、決算書が読めるようになったり、難しい利益のことや、原価のことなどもさまざまなことがわかるようになります。

こういったさまざまなメリットは持っていて損ではありません。
興味をお持ちになった方はこの機会に是非、会計学を学びください。

専門学校の薄記や税理士試験などの講座を受講するのが一番効率が良いです。
専門書などもありますので、こちらも是非どうぞ。



横浜の法律相談の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

家賃の弁護士サポートと断言できます。

あなたにオススメの京都の相続放棄のことならお任せください。

相続放棄のための相談についての情報ををお探しの方は必見です。

http://tmall.tsite.jp/campaign_p/hikaku/insurance/

https://matome.naver.jp/topic/1MAvb

http://talk.m3q.jp/t/14078

関連リンク

img-2

公認会計士は会計業務のスペシャリストです

公認会計士は、会計業務のスペシャリストです。色々な会計業務の中でも、監査業務がメインの仕事になっています。...

more
img-3

会計士になって起業財務を手助けしよう

一般的に会計士といった場合は、公認会計士のことを指し英訳の頭文字を取ってCPAといわれております。CPAを使う企業は商法上の大会社といわれる資本金5億以上若しくは、借入金が100億以上の偉業となってきます。...

more