img-1

企業会計における重要原則について

就職難であるこの時代に、何か資格を持っていることや特殊な技能を持っていることは就職を有利にすることにつながります。そこでおすすめしたいのが企業において重要な会計に関する資格を取得することです。

その重要原則には真実性の原則、正規の簿記の原則、明瞭性の原則などがあります。
これらの重要原則について説明していきます。


真実性の原則とは、企業会計は企業の財政状況及び経営成績に関して真実な報告を提供しなければならないという原則です。
これは企業会計が真実であることを要請し、企業不正巨偽を排除するための原則であるといえます。

企業は主として過去の取引額を基礎とすること、複数の処理方法の中の選択の結果であるということ、予算、見積もり要素があり、主観性が介入せざるを得ないということを踏まえて報告をしなければなりません。

また、真実性の原則は他のすべての原則を遵守するもので、単に報告の原則というだけではありません。つまり会計に関する法的規範であるとともにその現実的な基礎としての社会的規範であるともいえるのです。

次に、正規の簿記の原則についてですが、これは企業会計はすべての取引につき正規の簿記の原則に従って正確な帳簿を作成しなければならないという原則です。


網羅性、秩序性、検証性を追求し、ある記録に基づいて正確な帳簿を作成し、すべての財務諸表はこのような帳簿に基づいて作成しなければならないというものです。
明瞭性の原則ですが、これは企業会計は財務諸表によって利害関係者に対し必要な会計事実を明瞭に表示し、企業の状況に関する判断を誤らせないようにしなければならないという原則です。

具体的な内容は区分損益計算書を作成すること、貸借対照表の区分・利用配分を示すこと、純額主義による表示、重要な会計方針の表示です。これらのことを押さえておき、会計や経理についてきちんと勉強すれば、就職してからも会社の役に立てることでしょう。


会計とは、様々な所で存在する役職です。


会社ではもちろん、学校の部活動やサークルといった活動の中でも会計という役職は存在します。では、会計は何故そこまで重要視されているのかを述べます。
まず会計はお金の管理をしていくことが主な仕事です。しかし具体的にはどういった場面でお金を管理しているのかというと、まずは備品購入の時です。

会計は年度が変わる度に予算を立てています。

その予算に見合った買い物をしているのかどうかを逐一判断していかなくてはなりません。

今この備品を購入して赤字にならないか、買うことでこの組織に利益はあるのかを十分考慮したうえで購入を決定します。


この備品を購入した時点では利があるとされていても長い目で見ていくと結局は意味のないものになるとわかると、お金の節約をすることもできます。
また、月ごとの収入や支出を出していきます。
月ごとに行うことでどこにお金を使いすぎているのか、どこにお金を使えるのかを判断することができます。しかし、こういった判断は会計のみで行うことは困難です。
会社の上司や同僚といった人たちと話を十分に行い、それぞれが納得した上でその支出を記録します。

なので、周りの人たちとの関わり方も重要です。毎年、予算や決算を出すときが一番忙しくなりますが、日頃からの収入や支出を把握しておくことで先の見通しを立てやすくなるので、細かいところでもしっかりと記録をつけていくことが大切です。

このように会計はお金の管理をしている仕事と言ってもとても重要な役職です。この業務を不真面目に行っているとその組織を駄目にしてしまう可能性もあります。そのため責任の重さもあり、プレッシャーを抱えながら日々を過ごしています。そのため、周りの人たちは会計に全てを任せるのではなく、意見を言う時は言って、上司はアドバイスをしてあげることで会計の負担も軽減していくことができます。よりよい組織を作っていくためにお互い支え合いながら業務を行うことが大切です。

新宿の不動産の弁護士について気になる方はこちらです。

千葉県の弁護士のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。





相続の弁護士の特徴をご紹介する情報です。

http://smany.jp/tag/71

http://talk.m3q.jp/t/14078

http://okwave.jp/qa/q7031589.html

関連リンク

img-2

会計公準とは何かを知る

企業で経理をしている方でも会計公準という言葉はあまり聞き慣れないかと思いますが、これは企業会計が行われるための基礎となる前提のことです。ただ、これだけでは意味が分かりにくいと思うので、その内容を見ていくことで理解を深めてもらいたいと思います。...

more
img-3

一般の企業とは違うNPO法人の会計について

企業とは違い、営利目的ではないNPO法人は、いくつか会計の処理でも違いがみられます。営利目的ではないといことは、そのNPO法人の活動を行うための資金の調達状況とその使用方法、そしてその流れに注目が集まります。...

more